行业资讯
茨亚珂动态
新闻资讯
投稿美文
【中日双语】《小王子》经典暖心语录赏析

《小王子》是法国飞行家兼小说家圣埃克苏佩里于1942完成的经典儿童文学作品,讲述了一位迫降在撒哈拉沙漠的飞行员遇见来自另一个星球的小王子的故事。本文摘录了中日文译本中经典的暖心语录与大家分享。

「あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思ってるのはね、そのバラの花のために、ひまつぶししたからだよ」

正因为你为你的玫瑰花费的时间,才使你的玫瑰变得如此重要。

「だれかが、なん百万もの星のどれかに咲いている、たった一輪の花がすきだったら、その人は、そのたくさんの星をながめるだけで、しあわせになれるんだ」

如果有一个人爱上浩瀚星辰中独一无二的一朵花,那么这个人仰望天空的繁星时,就会感到无比幸福。

「心の中に一輪の花を持っている」というものではなく、「この世の中に花はたくさんあるけれど、自分が大事にするたったひとつの花がある」

不是说“我的心中有一朵花”。而是“虽然这个世界上有无数的花,但我心中最重要的花只有这一朵”。



「きみが夕方の四時に来るなら、ぼくは三時から嬉しくなってくる。そこから時間が進めば進むほど、どんどん嬉しくなってくる。そうしてとうとう四時になると、もう、そわそわしたり、どきどきしたり。
こうして、幸福の味を知るんだよ」

如果你说你在下午四点来,那么从三点开始,我就开始感觉很快乐。时间越临近,我就越兴奋。到了四点的时候,我会坐立不安。我想,我已经理解了幸福的感觉。

「どんなおとなたちも、一度は子どもだった。でもそのことを覚えている大人はほとんどいない」

所有的大人,曾经都是个孩子。遗憾的是,大部分的大人都已经忘记了。

「そうだよ、家でも星でも砂漠でも、その美しいところは、目に見えないのさ」

是啊,家庭、星星、沙漠……美好的事情,是无法用眼睛看到的。

「死にそうになっても、ひとりでも友だちがいるのは、いいものだよ」

即使快要死了,想到曾经有过一个好朋友,也是幸福的。
【あんたの目から見ると、おれは、十万ものキツネとおんなじなんだ。だけど、あんたが、おれを飼いならすと、おれたちは、もう、おたがいに、はなれちゃいられなくなるよ。
あんたは、おれにとって、この世でたったひとりのひとになるし、おれは、あんたにとって、かけがえのないものになるんだよ...】

对你来说,我也只不过是只狐狸,就跟其他千万只狐狸一样。但是,如果你驯养我,我们将会彼此需要,对我而言,你就是宇宙唯一的了,而我对你来说,也是世界上唯一的了。

 
「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」

一个人只有用心去看,才能看到真实。重要的事情,只用眼睛是看不见的

「人間っていうものは、このたいせつことを忘れているんだよ。だけど、あんたは、このことを忘れちゃいけない。めんどうをみたあいてには、いつでも責任があるんだ。まもらなけりゃならないんだよ、バラの花との約束をね...」

人们早已忘记了这个道理。可是你不应将它遗忘。你必须永远对自己所驯服的东西负责。你要对你的玫瑰花负责。

上一页 下一页
茨亚珂翻译(上海)有限公司 版权所有 严禁复制 2000-2016
地址:上海市闵行区中春路7628号优房商务中心213室 客服电话:+86-21-33663296
备案号:沪ICP备12021820号 沪公网安备 31011202003901号
021-33663296
Email:info@ciyak.com
网站建设 技术支持:上海频道