行业资讯
茨亚珂动态
新闻资讯
投稿美文
浪漫和风:京都的七夕盛典

 

 

京都の風物詩「京の七夕」、今年は8月4日(土)~8月13日(月)まで行われます

 

 

京都的风物诗“京之七夕”,今年于8月4日(星期六)~8月13日(星期一)举行。

 

 

7月7日といえば七夕です。織姫と彦星が年に1度の逢瀬をする日とされています。

「七夕」に降る雨を「洒涙雨(さいるいう)」というのですが、織姫と彦星が逢瀬のあとに流す惜別の涙雨、あるいは逢瀬が叶わなかった哀しみの雨といわれており、七夕の雨の切なさが伝わってきます。京都では、7月丸々1ヵ月間が「祇園祭」となる為、「七夕」は旧暦の7月7日にあたる8月に盛大に行われます。

 

 

说起7月7日,那就是七夕了。是织女星与牛郎星一年一度相逢的日子。在七夕降的雨,名为“洒泪雨”,是因为在织女与牛郎相逢后流下的惜别之泪雨,或者又说成是因不能相逢而降的悲雨,总之是将七夕雨的重要性传达给了我们。在京都,因为整个7月份都是“只园祭”,所以七夕在有农历7月7日的阳历8月盛大举行。

 

 

「七夕」には短冊に願いごとを書いて笹につるす風習がありますが、これは機織の名手・織姫にあやかり、手習い事の上達を願うことに由来します。自分の夢や願いをしたためることで、自分の意志を再確認することにつながり、思った以上に効果がありますよ。

 

 

“七夕”有悬挂写有祈求诗笺的细竹这样的习俗,这是从期望像织布能手织女那样,祈愿学习进步由来的。由书写自己的梦想与祈愿,能更加明确自己的志向,会比自己想象的更有效果哦。

 

また、七夕の行事食はそうめん。そうめんのルーツである「索餅(さくべい)」で病除けをする。古代中国の故事に由来し、そうめんを天の川や織り糸に見立てるようになりました。せっかくですから、そうめんを器の真ん中に盛って星形のオクラやハムを散らし、両サイドに織姫と彦星に見立てた錦糸卵やみょうがの千切りなどを配して、七夕風盛り付けに。星のようにキャンドルを灯して、七夕の宴を楽しみます。

 

 

七夕的饮食习俗是挂面。人们食用挂面的起源“索饼”来祈求病气驱除。是从古代中国故事由来的,随后就将挂面当作成是银河和织布的线。因为牛郎织女相聚很不容易,所以人们将挂面盛入食器中央,撒上星形的秋葵和火腿,在两侧配置当作是牛郎织女的薄煎蛋丝和蘘荷细丝等,摆放成具有七夕风情的样子。点上像星星一样的蜡烛,享用七夕宴。

 

星空を眺めながら仕事や恋、これからのことを考えてみるのも、子どもの頃とは違う七夕の過ごし方です。

 

 

一边仰望星空,一边试想着工作、恋爱和以后的事情,也是和孩童时代度过的七夕有着差别的。

 

七夕はいまでも日本の各地にさまざまな形で、大切に伝えられているのかもしれませんね

 

 

七夕于现在可能也是在日本全国各地以各种形式,珍重的传达着呢。

 

七夕(たなばた)は、各地でさまざまなお祭りや行事がおこなわれる夏の風物詩。桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句のひとつだと知っていました!

 

 

七夕是各地举行各种各样的节日与活动而形成的夏季风物诗,是与桃花节,端午节,并称为五节之一的节日。

 

かつての宮中では雅びやかに七夕の行事が行われた京都では、仙台の七夕に代表されるような華やかな七夕祭りはみられません。7月の京都といえば、日本三大祭りとして名高い祇園祭一色に染まってしまうからかもしれませんね。

 

 

在过去于宫中举行风雅七夕的京都,是看不到以华丽著称的仙台华丽七夕祭的。说到7月的京都,可能会被日本三大祭为著名的只园祭渲染独成一色吧。

 

 

转载于沪江日语网

上一页 下一页
茨亚珂翻译(上海)有限公司 版权所有 严禁复制 2016-2018
地址:上海市松江区高技路655号绿亮科创园3号楼701室 客服电话:+86-21-33663296
备案号:沪ICP备12021820号 沪公网安备 31011202003901号
021-33663296
Email:info@ciyake.com
网站建设 技术支持:上海频道